カテゴリー別アーカイブ: 暖房いろいろ

湯たんぽ

パネルヒーターと湯たんぽで省エネ!健康!美肌!

こんにちは!
アセビウォーマーブログです。

皆さまは『湯たんぽ』を使った事がございますか?

湯たんぽ

湯たんぽの歴史を調べてみると、昔からあるイメージの強い湯たんぽは、元々は中国のもの。
日本には室町時代に伝わったと言われております。

今は金属やプラスチック、シリコンなど様々な素材の湯たんぽがありますが、昔は陶器製のものが使われていたそうです。
今ではあまり見かけない陶器製の湯たんぽは、保温性が良く遠赤効果があるとされています。

湯たんぽを使った事がある方は実感されたと思いますが、触れた部分からじんわりと暖まる感じがとても心地よいですよね。

手足やお腹など、電気も使わずポカポカとしたあたたかさは冬にはピッタリ!まさに省エネ暖房ですね。

しかも、空気を乾燥させないので喉やお肌にも優しく、エアコンやファンヒーターのようにのぼせるような暑さがない。

・・・と、これはどこかで聞いたような。

そう!

パネルヒーターのメリットと似ているのです!

パネルヒーターは電気を使用しますが、乾燥させない!頭寒足熱の状態を作りやすく体に優しい!ポカポカとしたじんわりと暖まる。このような点が湯たんぽとパネルヒーターの似ているところ。

そして湯たんぽにはないメリットは、部屋中もポカポカとあたためてくれる上に安全性が高い。

そんな暖房こそが、そう。アセビパネルヒーターです!

湯たんぽは特に就寝時に使用すると、低温やけどの可能性もありますよね。

直接的に暖をとるものには注意が必要です。

とはいえ、湯たんぽのメリットもたくさんあります。

赤ちゃんや小さなお子様、ペットと過ごすお部屋や就寝時には注意が必要ですが、パネルヒーターと湯たんぽを併用すれば、過ごしやすい空間作りと手足の冷えも解消できます。

さらに、手足が暖まると体感温度が上がるので室内を暖める電気代も最低限に抑える事が出来るかもしれません。

寒さが辛いけど暖房の乾燥が苦手。暖房を付けても手足はずっと冷えたまま。というお悩みをお持ちの方は、パネルヒーターと湯たんぽの併用をお試しになってみてはいかがでしょうか^ ^

 

 

女性 お肌 乾燥 暖房

お肌の乾燥対策に!エアコンよりも優しいパネルヒーター

こんにちは!
アセビウォーマーブログです。

今年も残すところあと10日。
年末なにかと忙しいこの時期、お肌の調子が崩れやすくなる時期でもあります。

忘年会続きでの寝不足や、多忙による夜ふかし。
外に出れば乾燥した空気にさらされ、室内に入ってもエアコンの暖房にさらされ。

お肌には厳しいシーズンですね。

女性 お肌 乾燥 暖房

せめて家の中では心も身体もお肌もリラックスできる環境にしたいものです。

以前もブログでご紹介しましたが、一番使用率の高い暖房といえばエアコンです。
エアコン暖房についての記事はこちら

エアコンが多く使用されている理由としては、
・賃貸など、はじめから付いている事が多い。
・場所をとらない
・省エネタイプの新しい機種では電気代が安くすむ
・手軽に使用できる

など、様々なメリットがあります。

しかし、エアコンはなんといっても乾燥しますよね。
ただでさえ乾燥する季節に、エアコンの温風により湿度が低くなる。

イコール、肌への負担が大きくなる。という事になります。

 

加湿器を併用するのも手ですが、一方で加湿器による肌ダメージの増加を挙げる声もあります。

理由としては
・加熱しない加湿器は不衛生になりやすい
・乾燥と加湿を短時間において何度も繰り返す状態は肌にとって好ましくない(油分が欠乏しやすくなる)

毎日小まめに加湿器のお手入れをするのも大変ですよね。

 

そこで、そもそも乾燥させない暖房というものもありますので、ご紹介させていただきます。

まずは石油ストーブ
灯油を燃やして使用する際に水蒸気が発生する為、暖めながら湿度を保つ事ができます。
ただし、安全性・利便性は△。
賃貸では使用禁止されていたりと、手軽に誰でも、、、というのは難しそうです。

続いてオイルヒーター
温風を出さずポカポカとした暖かさが特徴。乾燥もしないので安全性の高い暖房器具です。
利便性に関しては△。本体が大きいものが多く、オイルが入っている為重量があります。また、値段も電気代も高めです。

最後にご紹介するのはパネルヒーター
オイルヒーター同様、ポカポカとした陽だまりのような暖かさが特徴で乾燥させません。
メーカーにより差はありますが、アセビパネルヒーターの場合は薄くて軽い!つまり、お部屋の移動がしやすいので脱衣所やトイレ、キッチンなど寒さが気になる場所にも簡単に持ち運びが可能です。

温風を出さないので肌へのダメージも少ない上、火を使わない、軽くて倒れても安心(自動で運転が停止)など、安全性の高い暖房器具です。
アセビパネルヒーターは、客室向けにデザインされている為操作がシンプル簡単で、オシャレ!安全につくられております。

外で疲れたお肌がリラックスできるように、化粧品やパックに気を遣う事も大切ですが、日々使用する暖房器具を見直してみてはいかがでしょうか^ ^

観葉植物 暖房

観葉植物が枯れる原因は暖房にあり?!

こんにちは!
アセビウォーマーブログです^ ^

 

寒くなり、夏に比べて切り花の持ちがよくなりました。
切り花は涼しい場所が適しているので、今はピッタリの季節。
クリスマスも近いので、クリスマスカラーのお花を飾るのもいいかもしれませんね^ ^

切り花とは逆に、観葉植物は冬が苦手。(・・・な種類が多い)

観葉植物を冬に枯らしてしまった経験がある方も多いのではないでしょうか。

 

リビングに植物を置いてある場合、冬場は
・室内を暖め過ぎない
・乾燥を防ぐ
と、主にこの2点は注意した方が良いといわれております。

石油系のストーブやファンヒーターはどうしても室温が上がりすぎてしまい、エアコンでは乾燥が気になる。

 

そのような時は、実際に植物の温室でも使用されている「サーモスタット」の機能が付いた暖房器具が適しています。

温室向けとは仕様が異なりますが、アセビパネルヒーターはまさに「サーモスタット」機能付きの暖房です。

この機能につきましては以前もブログでご紹介いたしました
サーモスタット搭載パネルヒーターのメリット
をご覧下さい。

 

サーモスタットにより室温が過度に上がり過ぎることなく、植物にも快適なお部屋となります。
また、パネルヒーターは温風が出るものではないので暖房による乾燥を防ぐ事ができます。

植物部屋の室温調整にもよし、植物と過ごすお部屋でもよし。
人にも植物にも優しい暖房で冬の寒さを心地の良いものになればいいですね^ ^

 

観葉植物 暖房

 

ヒートショック 暖房

ヒートショックを防ぐ!脱衣所にもパネルヒーター

こんにちは!
アセビウォーマーブログです。

 

皆様のご自宅の寒い場所といえばどちらでしょうか。
トイレ、玄関、台所、廊下や階段など挙げられるかもしれませんが、一番寒さを感じるのは、脱衣所ではないでしょうか。

お風呂に入る前、または上がった後の寒さといったらないですよね。
急いで暖房の効いた部屋に駆け込んでしまいます。

この温度差により気をつけなければならない事があります。

 

それは、ヒートショックという症状です。
ヒートショック 暖房

 

Q. ヒートショックとは
A. 急激な温度の変化によって体がダメージを受けること。
暖かい場所から寒い場所へ移動すると、熱を逃がさないよう血管が収縮し血圧は上昇します。逆のケースでは血管が拡張し血圧が低下します。
こうした変化が急激であればあるほど、体が受けるダメージも大きくなり「脳出血」「脳梗塞」「心筋梗塞」などの危険が出てきます。

 

この、ヒートショックを防ぐには

浴室や脱衣所の温度を上げ、暖かい部屋との温度差を少なくすること

が、ポイントです。

浴室内におきましては、予めシャワーで温度を上げたり、お湯の入った浴槽の蓋を開けておくだけでも温度は上がります。

そして脱衣所。
脱衣所にオススメの暖房器具といえば、アセビウォーマーです!

アセビウォーマーは客室向けにトイレや脱衣所にもご提案させていただいておりますが、
ホテルや旅館向けパネルヒーター
もちろん、ご家庭でも使い易い暖房器具となっております。

 

脱衣所で4〜6畳程度のスペースでのご使用ですと
・場所をとりにくい
・軽量なので入浴時だけ部屋から移動できる
・オイルヒーターよりも立ち上がりが早い
・足元も空間も暖められる

などのメリットがございます。

脱衣所は洋服やタオル類など燃えやすい物が小さなスペースに集まる場所でもあります。
電気ストーブは安全面に不安があり、オイルヒーターは重い上に場所をとってしまう。
そんな時はアセビパネルヒーターはいかがでしょうか。

※ご使用の際は本体に衣服やタオルがかからないようご注意下さい。

 

まだ体温調節が未熟な赤ちゃんの入浴時や、ご高齢者や血圧に不安がある方のヒートショック対策などにも、脱衣所に暖房というのは必要な温もりだと感じております。

特に高齢社会の現代は、ご高齢者の一人暮らしも増えています。家庭内での事故防止の観点からも、安全性の高い暖房器具で温度のバリアフリーも意識していかなければならない時代なのかもしれません。

 

安全な暖房選びを

暖房器具の周りに物を置いていませんか?

こんにちは!
アセビウォーマーブログです。

 

先日、このようなニュースがありました。

平塚市内の住宅で4日未明、暖房器具のそばに置いてあったスプレー缶の破裂が原因とみられるぼやがあった。1人が軽傷。同市消防本部は「暖房器具の近くにヘアスプレーや殺虫剤などを置くと危険」と注意を呼び掛けている。

詳しく内容を見てみますと、

4日午前0時半ごろ、男性方から出火、木造2階建て住宅1階のじゅうたんやカーテンなどを焼いた。火を消そうとした妻が手足に軽いやけどを負った。

現場には底の抜けた殺虫剤のスプレー缶があった。

妻が居間でファンヒーターを付けた後、うたた寝をしたという。同署はファンヒーターで熱せられた缶が破裂したことが原因とみて、調べている。

 

このような事故は毎年起こります。
気を付けていたつもりでも、ついうっかりが、事故を招いてしまいます。

暖房器具をお部屋に出した際には、くれぐれも周りにスプレー缶や燃えやすいものを置かないようにご注意下さい。

 

また、暖房器具の上にも注意。
物を置くのはもちろんNGですが、
洗濯物が暖房の近くに掛けられていたり、カーテンなどが近くにありませんか?

特に石油ストーブや電気ストーブなどは熱を出す部分が高温になる為、近くに燃えやすい物があると非常に危険です。

安全な暖房選びを

 

正しく使用すればとても快適に過ごせる暖房器具。
使い慣れた時が油断している時でもあります。

今一度、暖房器具周りの環境を見直し、正しく安全にご使用下さい^ ^

冷え性の方と防寒グッズ

つらい冷え性さんにオススメの暖房と使い方

こんにちは!
アセビウォーマーブログです。

 

 

今回は、健康と暖房第4弾!
女性に多い『冷え性』と暖房の使い方などについてお話しさせていただきます。

冷え性の方と防寒グッズ

 

〈健康と暖房〉過去の記事はこちら
⚫︎高血圧と冬の過ごし方〜暖房による不調を防ぐには〜
⚫︎冬場の頭痛と暖房の関係
低血圧は暖房による暖め過ぎにご注意を!

 

 

冷え性とは、女性に多い症状です。

個人差はあるものの、女性の約7割近い方が冷えをつらいと感じているそうです。
女性は男性に比べると熱を作り出す筋肉が少ない、皮膚の表面温度が低い、貧血や低血圧の人が多いことなどがその理由と考えられるそうです。

暖房は冬には必須!ですが、こればかりに頼っていては外に出たときの温度差によって冷え性が悪化する原因になることがあります。

適度に温める分には冷え性対策には良いです。しかし、暖め過ぎる室内から外に出たとたん冷気によって末端の血管が収縮し、それにより血行の悪化による冷えの症状がでてしまいます。

 

では、冷え性の方に好ましい室温とは?

室温を設定できる暖房器具では、20度~21度の設定が良いそうです。

 

えっ?!その温度では寒くて耐えられない!

と思われるかもしれません。

しかし、冷え性の方はいくら暖房が効いた部屋でも手足だけ冷たいという事はよくある事。

それでしたら室温は最低限の設定にした上で、末端を暖めたり、体の中から暖めた方が冷え性の改善につながりやすいと言われています。

 

冷え性対策には様々な方法がありますが、暖房器具の使い方においては

部屋と外の温度差をつけ過ぎず、急激な温度変化による血管の収縮の度合いを激しくしないようにする。

という冷え性対策をご提案させていただきます。

 

そこで、オススメの暖房器具は

アセビウォーマー(パネルヒーター)です!

 

陽だまりのように適度に室内を暖め、手足の冷えが気になる部分にはパネル本体にかざすと暖まる事ができる優れもの。

よく、冷え性さんに良いとされるこたつやホットカーペットなど直接的に冷えている部分を暖める暖房がありますが、それだけでは室温が低いまま。

結局部屋を暖める暖房との併用となり電気代がかさんでしまいます。

しかし、アセビパネルヒーターでしたら1台で部屋も手足もポカポカです^ ^

※部屋を暖める場合は6畳程度の広さでのご使用を推奨しております。

※冷え込みが強い時期には他の暖房器具との併用が必要な場合もございます。

 

スリムで軽量でデザインにこだわったオシャレな暖房器具アセビウォーマーで、この冬は冷え性の改善にお役立ていただければ嬉しい限りです^ ^

 

*アセビウォーマーの詳しい商品情報はこちらから*

 

パネルヒーター PSE

PSE検査・経済産業省未登録の暖房家電にご注意を!

こんにちは!
アセビウォーマーブログです!

みなさん。PSEってご存知でしょうか?
電気用品の裏のシールに張ってある所をみたことはないでしょうか?
これは家電を扱う製造・輸入業者に法律的に定められている検査と登録を意味します。
この適合性検査を通過した製品のみが安全である事を確認した製品であり安心してお客様にご使用頂ける製品として販売や流通が国から許されます。

しかし、このPSE検査・経済産業省に登録をしていない暖房家電が存在します。
つい先日も某大手ホームセンターで大量のPSE未検査の製品を何十万点も流通させたことにより行政処分となっていましたよね。

つまり、日本ではこの特定電気用品と特定電気用品以外に該当する家電製品は全てPSE検査及び経済産業省への登録が必要となります

これに違反をした場合、行政処分となり営業停止などをうける場合があります。

パネルヒーターは製造する【電気用品の区分 14 電熱器具にあたり】にあたり、国から指定された専門の検査機関によりいくつもの検査チェックを通過する必要があります。

 

暖房器具、パネルヒーターを御購入の際はこのPSEの試験を通過しているか?経済産業省への登録が済んでいるか?が大切になります。

もしも、検査をしていなく、危険な製品を購入してしまった場合は速やかに使用を中止してください。
なにか問題が起こってからはでは手遅れになってしまいます。

 

 

もちろんアセビパネルヒーターはPSE検査をしっかりと通過した暖房家電ですので安心してご利用頂けます^^

パネルヒーター PSE

アントビー株式会社
定格電圧:AC100V
定格消費電力:500W 700W 1200W
定格周波数:50/60Hz

選挙 暖房

2014年衆院解散!選挙の投票所にも暖房の温もりを

こんにちは!
アセビウォーマーブログです。

 

先日、安倍首相が衆院解散の意向を表明しましたね。
それにより師走の総選挙に向けて選挙用品を扱う業者の準備も本格化しているようです。

 

冬の選挙に欠かせないものといえば・・・

選挙 暖房

 

ズバリ暖房器具です!

 

選挙事務所や投票所用の暖房機器の需要が高いという記事を目にしました。

記事の内容をまとめますと、
総合レンタル会社が選挙に使用される必勝はちまきや紅白幕などの定番グッズに加え、何十台もの暖房器具を用意している。
とのこと。

衆院の解散話が持ち上がったあたりから、各地の選挙管理委員会や陣営から電話が殺到。安倍首相の表明を受けて19日も朝から注文が相次いだそうです。

暖房器具においては、特にストーブやファンヒーターなどの問い合わせが多いそう。
残念ながらパネルヒーターの需要はないようですが、人の出入りが多い投票所や広い室内向きの暖房ではないので、しかたがありません^^;

 

選挙が始まる頃には寒さも本格的なものになっている事でしょう。
みなさま、外出の際は暖かい恰好をしてお出かけ下さい^ ^

 

高血圧 暖房

高血圧と冬の過ごし方〜暖房による不調を防ぐには〜

こんにちは!
アセビウォーマーブログです。

 

先日、自動販売機でおしるこを買いました。
熱々に温まった、おしるこという名の飲み物…?をゴクリ。
あぁ。寒くなったな。
と、私が冬を感じる瞬間です。

 

さて、今回は健康と暖房第三弾!

過去の記事はこちら。
冬場の頭痛と暖房の関係
低血圧は暖房による暖め過ぎにご注意を!

上記のリンク先にも記載したように、以前、低血圧の方は暖房の使い方に注意が必要ですと申し上げました。
今回は、高血圧に悩む方への暖房の使い方と注意点をお話しさせていただきます。

高血圧 暖房

 

まず、低血圧症が若い世代に多いのに対し、高血圧症は高齢者に多く見られます。
年齢とともに、高血圧の人の割合は高くなっていき、男性では40歳代から増え始めるのに対し、女性では50歳代から増え始めます。

・高血圧症は注意!寒くなると起こりやすい病気

脳卒中や心筋梗塞は、冬の発生率が高くなっています。寒冷刺激によって交感神経の働きが活発になり、血圧が高くなります。
暖房した部屋から、寒い洗面所やトイレ、浴室に行く場合も、血圧の変動が起こりやすく注意が必要です。

夏場も同様、冷房の普及により屋外と屋内の温度差が大きくなり、血圧の変動が起こりやすくなります。

加えて、発汗によって体内の水分が不足しやすいので、血液の濃度が増し、血栓ができやすくなります。これらの理由から、配慮が必要であるといえます。

 

・暖房器具の使い方

○リビングの室温は、廊下やトイレ等なるべく他と温度差がないように心掛けた方がよいです。

○日本の冬の伝統的暖房であるこたつは、下半身だけが暖まり上半身が冷えやすい為、血流がとどこおりがち。高血圧症の方は特に、部屋全体を暖め体にやさしい暖房器具が適していると言えるでしょう。

 

低血圧の方の注意点と同様、家の中で過ごす場合は上記のような理由から、家の中での温度差を少なくする事や、外気温と差をつけ過ぎない事がポイントです。

 

そこでオススメの暖房器具は

 

パネルヒーターです^^b

 

エアコンや石油ストーブやファンヒーターはどうしても室温が高くなりがちです。
6畳程度のお部屋の暖房でしたら、アセビパネルヒーターが程よい温もりでお部屋を暖める事ができます。

薄くて軽いので、トイレや脱衣所など、寒くなりやすい所への移動や設置も楽に行えます。

オイルヒーターよりも立ち上がりが早く、「暖まった」というよりも「寒くなくなった」という暖かさ。

これは温度差による身体の不調を招きやすい方には是非一度ご体感いただきたいと思います。

これからもっと寒い季節がやってきます。

皆様が快適に冬を過ごせるよう願っております^ ^

 

アセビパネルヒーターの製品情報はこちら

プレーンホワイト

ダークブラック

一人暮らしの暖房選び

一人暮らしに合った暖房器具は?

皆様こんにちは!
アセビウォーマーブログでございます。

 

アセビウォーマーってなんだろう?と気に掛けて下さった方はこちらをご覧ください^ ^

 

 

 

新社会人や大学生はこの春から一人暮らしを始めた方も多いのではないでしょうか。

一人暮らしを始めて最初に迎える冬。

本格的な寒さへと一歩一歩近づくにつれて、暖房器具選びにお悩みではございませんか?

本日は、一人暮らしのお部屋にオススメの暖房器具をご紹介させていただきます。

まず、暖房は大きく2種類に分かれます。

●部屋全体を暖める暖房
●人を暖める暖房

です。

一人暮らしの暖房選び

 

一人暮らしにおいては、部屋全体を暖める事に電力を使うよりも、人を暖める暖房器具を上手く使用した方が暖房効率が良く、電気代も抑えられる場合が多いです。

既にエアコンが完備されているから暖房器具の必要がない方も、備え付けのエアコンは古い機種が多く、電気代がかかる上に暖まりにくい事があります。
あまり暖まらないのに電気代が高過ぎる時は別の暖房器具を使用した方が電気代が安くなる場合もございます。

それでは暖房器具別にご紹介致します!

・着る毛布
早速家電ではない物のご紹介になってしまいましたが、年々話題性が高くなり様々な仕様のものが販売されている着る毛布。
安い・暖かい・電気代ゼロ!と三拍子揃う程の優等生。
自分だけ暖かくなれる。一人暮らしの部屋着としては最適ではないでしょうか。
ただ、着込むのにも限界がありますので、雪が降るほどの寒さや木造アパートなどでは他の暖房器具を併用した方が良さそうです。

・ホットカーペット・こたつ
安全性が高く、足元が暖まる暖房器具。サイズも選べるのでお部屋に合わせやすいです。
デメリットとしては、足元以外は寒くなりがちなので、本格的な寒さになると他の暖房器具との併用が必要です。

・エアコン
備え付けの場合は初期費用ゼロ。冬も夏も手軽に使えます。
しかし、先ほど述べた様に備え付けの古いエアコンは電気代がかかる場合が多いので、エアコンだけで暖めるよりも併用使いがオススメです。
エアコンだけの使用では、空気が乾燥する・掃除が面倒などのデメリットもございます。

・オイルヒーター
乾燥せず、ポカポカとした暖かさが特徴のオイルヒーターは一人暮らしのお部屋には適しているでしょう。
ただし、木造アパートなど熱が逃げやすい造りの住宅には向きません。
また、重量があり大きさがあるものが多い為、狭いお部屋では存在感が際立ちます。シーズンオフ時の収納も考えた上で選んだ方が良さそうです。

そして、一番のオススメ暖房は

パネルヒーターです!

 

当店で扱うアセビパネルヒーターは、6畳程度のお部屋であれば、室温も上がり、ヒーターの近くに寄れば人も暖める優れもの。
さらに、
・乾燥しない
・安全性が高い
・空気を汚さない
・軽い
・オシャレ
・使いやすい
などのオススメポイント盛り沢山!

 

楽天のランキングでも1位を獲得しています^^パネルヒーター ランキング1位

 

石油ストーブやファンヒーター、エアコンなどの暖かさとは違い、ポカポカとした「気が付いたら寒くない」というような暖かさが特徴です。

一人暮らしのお部屋であれば、500w〜700wくらいの電力でのご使用でも暖かさを感じていただけると思いますが、木造アパートなど断熱をしていない造りのお部屋では熱が逃げてしまう為、暖かく感じられない場合もございますのでご注意下さい。

家電らしくないスタイリッシュなデザインはお部屋にこだわる方にもオススメです。
上記でご紹介した暖房器具との併用などで工夫をして、節電をしながらオシャレな暖房ライフをお過ごし下さい^ ^