結露した窓ガラスをパネルヒーターで解決

結露対策と結露しにくい暖房器具の使い方

皆様こんにちは!
アセビウォーマーブログです。

 

本日は、前々回のブログに続きまして冬場のカビ対策についてご紹介していきます。

冬場のカビの原因といえば、【結露】

わたくしも毎年、結露問題には奮闘しております。

結露が起こる原因としては
●外気と室内の温度差
●室内の湿度環境
●換気不足
●石油ストーブ・ガスストーブの使用
●加湿器

などが挙げられます。

結露した窓ガラスをパネルヒーターで解決

石油ストーブやガスストーブからは水蒸気が発生するので、例えば

石油ストーブと加湿器を使用した部屋に、さほど換気もせずに室温だけ高くなる。

これはわりとよく起こりうる状況ですが、非常に結露しやすい、つまりはカビが発生しやすい環境となってしまいます。

そこで、結露が起こりにくくなるような対策をご紹介いたします。

 

◎換気

水蒸気が発生する暖房器具(石油ストーブ・ファンヒーター)は特に湿度が高くなりやすく、一酸化炭素中毒を防ぐ意味でも小まめな換気は必要です。
その他でも湿度が気になった場合は窓を開けたり換気扇などを使って換気をすることで、室内の湿度を排出し結露を防止しやすくなります。

◎除湿

特にクローゼットの中や押し入れは以外と湿度が高くなりがち。暫く着ていなかった上着や、大事にしまっておいた鞄にカビが…。なんて経験ございませんか?
このような場所や、人の出入りが少ない部屋などには除湿機や除湿材で湿度を下げる事で結露しにくくなります。

◎家具や収納の配置

空気が室内を流れやすくなるような家具の配置や、押入れやクローゼットの中を詰め込み過ぎないようにしたり、スノコを敷いたりと、空気が循環するように心がける事もポイントです。

◎湿度を上げる原因を排除

観葉植物などは水分を多く含んでいます。観葉植物がある場合は加湿器を控えたり、洗濯物を室内干しにする時は換気をしっかりと行ったりと、湿度を上げる原因をつくらない事が結露防止につながります。

 

そして、私達が注目する点は

暖房器具により結露を防ぐ!

です。

石油ストーブやファンヒーターなどの燃焼系の暖房器具は、水蒸気を発生させます。
エアコンは使い易いですが、乾燥する為加湿器を併用する事が多くなります。

その点パネルヒーター【アセビウォーマー】は燃焼系の暖房ではないので水蒸気を発生させません。
エアコンのように強い温風が出ないので空気を乾燥させません。
室温が上がり過ぎて外気と極端な差が出来ません。

 

わたくし個人的な意見としましては、以前のエアコンと加湿器を併用していた時に比べて、アセビパネルヒーターを使用してからは冬場の結露が気になりにくくなりました。
(感じ方には個人差がございます。また、使用環境にもよります)

「結露しない暖房器具」とは申しませんが、石油ストーブやファンヒーター、エアコン&加湿器などの使用環境よりは結露しにくい暖房器具だと感じております。

今回ご紹介しました結露対策と共に、カビに負けない暮らしのご参考になれば幸いです^ ^