暖房家電の注意点

アセビパネルヒーターの注意点とは

皆様こんにちは!
アセビウォーマーブログです。

 

我が家の近所では、毎年冬が近づくと「火の用心」の掛け声と共に甲高い拍子木の音が響き渡ります。

空気が乾燥するこの季節。
また暖房器具を使うこの季節には、一年の中で一番火災事故が多くなる時期でもあります。

 

先日のニュースでも、暖房器具による事故の注意を呼び掛けていました。

NITE(製品評価技術基盤機構)によりますと、暖房器具による事故は2009年度から2013年度までに602件も発生しているそうです。
このうち、310件が火災を伴う事故、64件が死亡事故ということです。NITEは、「暖房器具の事故は誤った使用や不注意によることが多いので、丁寧に扱ってほしい」と注意を呼び掛けているとのことです。

暖房家電の注意点

 

アセビウォーマーに関しましては、石油ストーブやファンヒーター、電気ストーブなどに比べると安全な暖房器具として扱っております。

ですが、使い方を間違えてしまうと思わぬ事故につながってしまう可能性もございますので、正しくご使用下さい。

 

そこで今回は、こんな行動はNG!アセビパネルヒーターの扱いで注意することをお話しさせていただきます。

⚫︎本体にタオルなどを覆い被せない
室内を暖めるには柔らかな暖かさですが、パネル本体からは熱が放出されています。
その熱の放出をタオルなどで覆い被せてしまうことで熱の逃げ場がなくなり、被せたものから煙が出る恐れがございます。

⚫︎本体の近くに燃えやすい物を置かない
本体にタオルなどを被せないで下さいと上記で述べましたが、被さらなくとも洗濯物やカーテンなどの近くにパネルヒーターを設置してしまうと、同じく煙が出る恐れがありますので、本体の周りには物を置かないようにお願いします。

⚫︎小まめに掃除をする
埃や髪の毛が付着したままにしますと、熱により溜まった汚れから焦げたようなニオイがしてしまう場合がございます。
アセビウォーマーは凹凸の少ない、シンプルでスタイリッシュなデザインでつくられておりますので、お手入れも非常に簡単。
小まめな掃除も楽々ですので、埃などが溜まらないようご注意下さい。

 

パネルヒーター含め、正しい暖房器具のご使用で暖かい冬をお過ごし下さい^ ^