インフルエンザ パネルヒーター

インフルエンザを防ぐには!使用している暖房を見直そう

皆様こんにちは!
アセビウォーマーブログです。

 

今年もあのウイルスが世間を脅かしはじめています。

 

そう。インフルエンザ!
インフルエンザ パネルヒーター

 

インフルエンザの基本的な予防法はもうご存知ですね。

●うがい!
・手洗い!
・人混みに行かない
・バランスの良い食事
・十分な睡眠
・予防ワクチン接種

インフルエンザに限らず風邪などの予防にもなりますので、皆様是非とも実践していただきたいものです。

 

さて、実は暖房器具の選び方や使い方でもインフルエンザに感染しにくい環境をつくる事が出来るのです。

 

ポイントは、《乾燥対策》

 

暖房器具によって乾燥した部屋ではインフルエンザウィルスが活発に動き出してしまいます。

しかも、空気が乾燥する事により鼻や喉などの気道粘膜がもつ防御機能の低下につながるので、活発になったインフルエンザウイルスが進入しやすくなってしまうのだとか!

特に乾燥しやすい室内では、湿度を50~60%に保つようにしたほうが良いそうです。

エアコンをメイン暖房としてお使いの方は、加湿器などの併用で乾燥対策をなさってください。

とはいえ、加湿器はなかなかお手入れも面倒なもの。小まめにお手入れをしないと逆にカビなどで汚れた水を噴出してしまいます。しかも、加湿しすぎては結露によりダニが増えたりとなかなか調整が難しいですね。

 

そんな時は、乾燥しにくい暖房器具がオススメです!

アセビパネルヒーターは、温風が出ないので空気を乾燥させません。

わたくしが自宅で使用してからは、アセビパネルヒーターを使用中は加湿器の出番がない程。

それでも季節柄、乾燥が気になる場合は濡れたバスタオルなどを掛けておくだけで6畳程度の部屋でしたら、暖かさも湿度も保つ事が出来ました。

また、加湿器を使わなくなってからは毎年悩まされていた結露が起こりにくくなり、掃除がとても楽になりました。

忙しい主婦の方や、掃除に時間を取れない働き盛りの一人暮らしの方、掃除が負担になってしまうご高齢者の方にもピッタリです。

 

アセビパネルヒーターは、インフルエンザ対策にも結露対策にも、冬の掃除事情も楽になるような暖房器具です。

※使用されるお部屋の構造や広さなどにもよります。全てのお部屋に当てはまるわけではございません。また、アセビパネルヒーターを使用すればインフルエンザにかからないというわけではございませんので、ご理解の上ご使用をお願い致します。

 

手洗い・うがいなどの基本的なインフルエンザの予防法にプラスして、今年からは暖房器具でも乾燥対策してみてはいかがでしょうか。

皆様、どうぞ風邪やインフルエンザには十分ご注意下さい。