観葉植物 暖房

観葉植物が枯れる原因は暖房にあり?!

こんにちは!
アセビウォーマーブログです^ ^

 

寒くなり、夏に比べて切り花の持ちがよくなりました。
切り花は涼しい場所が適しているので、今はピッタリの季節。
クリスマスも近いので、クリスマスカラーのお花を飾るのもいいかもしれませんね^ ^

切り花とは逆に、観葉植物は冬が苦手。(・・・な種類が多い)

観葉植物を冬に枯らしてしまった経験がある方も多いのではないでしょうか。

 

リビングに植物を置いてある場合、冬場は
・室内を暖め過ぎない
・乾燥を防ぐ
と、主にこの2点は注意した方が良いといわれております。

石油系のストーブやファンヒーターはどうしても室温が上がりすぎてしまい、エアコンでは乾燥が気になる。

 

そのような時は、実際に植物の温室でも使用されている「サーモスタット」の機能が付いた暖房器具が適しています。

温室向けとは仕様が異なりますが、アセビパネルヒーターはまさに「サーモスタット」機能付きの暖房です。

この機能につきましては以前もブログでご紹介いたしました
サーモスタット搭載パネルヒーターのメリット
をご覧下さい。

 

サーモスタットにより室温が過度に上がり過ぎることなく、植物にも快適なお部屋となります。
また、パネルヒーターは温風が出るものではないので暖房による乾燥を防ぐ事ができます。

植物部屋の室温調整にもよし、植物と過ごすお部屋でもよし。
人にも植物にも優しい暖房で冬の寒さを心地の良いものになればいいですね^ ^

 

観葉植物 暖房