セーター

パネルヒーターと共にぽっかぽか。あったか冬素材

こんにちは!
アセビウォーマーブログです。

 

今回は、前回のブログに関連して素材別に暖かい衣類のご紹介をいたします!
前回のブログ《省エネのコツは服にあり!?暖かい着こなしとは

冬によく登場する素材

⚫︎ウール
ウールの長所は、暖かくて保湿性が高くてシワになりにくいところです。
寒くなるとニットやコート、ボトムにスーツなど、幅広い衣服の素材に使われています。
ウールが多く含まれている程あたたかいので、オススメの素材です。
少し重たいのと縮みやすいのが、たまにキズ。

 

⚫︎アルパカ
キャラクターとしても一目置かれているアルパカ。こちらも冬に欠かせない素材です。アルパカが生息する地域の厳しい環境で生き抜くために、その毛は保温性に優れてとても繊細。

柔らかさ、あたたかさ、保湿力、軽さに優れていて、長い毛はしわになりにくく、長年の使用にも耐えられるほど強くて丈夫です。

 

⚫︎カシミヤ
高級素材として注目されているカシミヤは、なんといっても肌触りが群を抜いて良いです。
また外気を遮断し放熱を抑えると言う繊維特徴をもったカシミヤニットは、熱伝導率の低い空気を多く取り込むことが可能で、暖かな空気を内へとため込みます。 更にカシミヤの表面にあるキューティクル構造が、空気中の水分の吸収・放出を行うことで、一定の湿度を保つコントロール機能の役割を果たします。
これらの性質がカシミヤニットの優れた”軽さ”・”保温性”・”保湿性”を生み出すのです。
手触りも機能性も高いのでお値段は張りますが、着心地も良く値段の価値ある素材です。

 

⚫︎アクリル
アクリルは加工がしやすいのでファッション性が高いものが多く、安値で買えるのが特徴です。
また、ウールなどに混ぜる事で肌触りが良くなったりお手入れがしやすくなったりと優秀な素材です。
しかし安い分弱点もあります。
吸水・吸湿性が劣っており、汗を吸いません。毛玉が出来やすい上に静電気が起きやすいのも気になるところですね。

 

これらの素材を上手く組み合わせる事で、アセビパネルヒーターの暖かさと共に快適な省エネライフをお過ごし下さい^ ^

セーター